FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事件第1号

事件というカテゴリで語ることになった
いじめ、不登校に関わるニュース(ここでは一括して事件と呼びます
今回が第1号の事件です

これは今年、自分の誕生日の3日前
10月23日の出来事です

群馬県桐生市で小学6年生が自殺した事件
まだ新しい話しですよね?
その子は母親へのプレゼントに作った
手編みのマフラーで首をつった状態で見つかったそうです。

家の妹も小5なのですが、来年その妹が自ら首をつる…
年齢で言えば、そういう事になります
(妹よ例え話に使ってすまない…
この子の場合、親も学校も知っていた(クラスは学級崩壊だったという
なのに、救えなかった…

子供の頃は世間をそこまで知らないから
学校を自分の全てと思ってしまうこともあるだろう
実際自分はそうだった
けれど、中学、高校と上がるにつれ逃げ道は自分で考えられる
不登校、退学、中間教室、保健室登校… 一杯ある
だが実際は小学生、自分で考えられる逃げ道は少ない
逃げ道は死ぬ事しかなかったのか?

この子は母親が外国人で人種差別でいじめられていた
人種差別を無くすのは難しい事であると思う

人種差別は昔から他の国でもある
マーティン・ルーサー・キングが人種差別を受けていた黒人の1人である
『I have a dream.One day, my four little children will not be judged by the color of there skin…』
即興で書いたので言った事とあってないかもしれませんが、
自分の子供は将来皮膚の色で差別されないだろう
といった感じの演説を行い
人種差別の廃止を訴えたわけです

他にも人種隔離政策(アパルトヘイト)等
人種差別は昔からあり、今は子供や幼稚な人、頭の固い人位しか差別はしないですが
これから人種差別等と言う物が子供の中でも無くなる事を期待します
オバマ大統領だって初の黒人大統領な訳ですし
世界から無くなりつつはありますよね

話がずれたけどこの子は何とかしてあげられたのではないかと思う
そもそも皆が一致団結すれば子供が1人いじめられた苦しみを抱えて
死ぬ事なんて起こり得ないですよね

もっといじめは深刻な事なのだと
広めていかなければならない、そう思った

書くの疲れた…




ご冥福をお祈りします
スポンサーサイト

事件とは…

新しく出来たカテゴリですが、
この現実世界で起こった不登校にまつわる
ニュース、つまり事件を紹介しようと思っています

いじめからの自殺、
差別、虐待からの死…
少しこのブログが暗くなってしまうかもしれませんが
見過ごさずに、自分の意見も含め、
事件を取り上げて行きたいと思います




←クリックしていただけると尋常じゃないくらい喜びます

不登校からの脱却 2009年4月 中学3年

中学2年生という時間は家で過ごし、終わった
春休み、そして中学3年生になった

1日目は休み、土日休み
その日曜の夜の事だった
親が部屋に来て
『明日から学校行くか?』
そう、唐突に言ってきた
自分の中では二度と行く来は無かったが
何となく流れで不登校になった為
親は最後の学校へ行くチャンスだと思い聞いてきたのだろう

自分は優柔不断だ
いや、心の中では決めきっていても口に出すことは無い。
そういう意味で優柔不断だ
絶対に揺るがない決意はあるのだが
それを言い出すことは殆ど無い

その為、親に2度と行かない。
そう言えばすぐ終わるのに言えなかった
10分、20分…

そういえば中1の頃好きになった人を
呼び出しておいて、結局好きって自分の口から言えなかったな…
(むこうが私のこと好き?→うん ってなった)
お互い気持ち知ってたのにね

話が逸れた。

何十分もたって親が
『明日行かなければ2度と行こうと思うことは無いんじゃないか?』
…そう言ってきた

ようやく、自分の口から『…行かない』
そう言った いや、言えた。

納得して(?)親は部屋を出て行った
その時は簡単に部屋から出て行ったのでしっくりこなかった
いつもならもっと言ってくるだろうに…

親は頭がいい 少なくとも俺よりは。
親は俺が行かないと言い出したときの事をすでに考えていた…らしい
だから後に、しっくり来る日が迫っていた
この数日後に完全な不登校を脱却する日が迫っている事は
あの父親しか知らなかった… (あと、神様

→親の頭脳を超えなければ!
元SAPIX・日能研・四谷大塚講師が運営。プロ講師が個別指導。

日々の充実って…

充実度って人によって違うでしょ?

午後に楽しいことがあれば午前より午後のほうがその人の充実度はあがるし、
平凡に毎日を過ごすことが何よりの充実って人もいる
逆に新しい刺激を受けることが充実する人もいるだろう

自分はどうなのだろうか?

自分は毎日が平凡であり特別な刺激も無いまま
ゆっくり時間が流れ、平和に暮らすのが好きなタイプだと思う

でも、今の自分は正反対だ
バイトしなければ学費払えないのにいつまでも働かない
8月ごろから時が進むのを感じない
学校もさぼりがち

平和かもしれないが刺激は多い
親もバイトしろというし自分でもそう思う

充実する日は来るのだろうか??
皆さんも自分の充実について考えて欲しい




→1年でTOEIC900は無理でしょ… そう思う俺w

ブログ拍手が…

拍手が増えてきました
わざわざ最初から見て
拍手を下さった方もいるようで
とても嬉しいです

これからも書き続けるので
是非、見続けてくださいね

よろしくお願いします




→勉強やりたくないなぁって思ってる人、勉強嫌いな人見てみて
((もちろん、勉強好きな人も!

不登校中@自宅

不登校になってからは
大好きなバスケもやらず家の中にいた

いわゆるひきこもりだ
PCやったりだらだらしたり、ぐうたら状態なわけだ

湯水の如く時間が使われた…
1日って24時間ほんとにある?って言うくらい時間が短かかった気がする

高1になった今の俺もその気分
通信制で家にいるんだけどバイトしないと
学費払えないのにしてなくて
宿題のレポートもやってない
何やってんだよ…はぁ

あ、今は不登校の時代の事書く時だった

当時母親も仕事していなくて家にいた為
昼飯なんかは普通に食えた んで当然太った
165センチで65キロとかあったからな… 重いww

その時期は生きてる心地がしない感じだった
何もせず何のために生きているのか…
死にたいとは思わなかったけど
何かのために生きたいと思った

家でのひきこもりは続く…
何もせず時間だけを費やす日々が…



←鬱に効果あるんだって、不思議だね??

不登校になりました 2009年 中学2年2月?

学校との接点はほぼなくなった

学校に行くということが学校生活において
1番の接点であるわけだから
ほぼ無くなって当然とは言えるが…

他のクラスの友達は学校に来なくなった事をすぐには知れないし
クラスメートでさえ1週間くらい休まないと
もう来ないという事を感ずくのは難しい

プリントは先生が持ってきたし、
家に来る用事のある人もいない

これで中学の学校生活は幕を閉じた…

…まぁ後に数回行くけど




不登校になってから

外を歩く機会は高校に入って増えたけど
その時にどこを見て歩けばいいのか
分からなくなってしまった

うつむいて歩いていると暗い感じするな、なんて思って
真正面を見たり、遠くを見たり…

人がすれ違うときはどこを向いてればいいのかわからなくなる
不登校になって変わった所はここだと思う
人の目線が気になる…

人と触れ合わない時期があるだけでこうなっちゃうのかな…

アクセスカウンター
プロフィール

ヒロユイ

Author:ヒロユイ
始めて来た方は下のカテゴリの
『初めての方へ』をクリックすると
分かりやすいと思います

高校についての資料などは
色々な記事に貼ってあるので
気軽に見ていただければ幸いです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。