FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめられて…

死にたくなったり
自分を傷つけるくらいなら

学校なんか止めちまえばいい

思っている以上に世界は広いんだ
死ぬのなんかくだらない

大きい世界の小さい自分なんだ
自分が死んで世界が変わるわけじゃないから
死ななくていい

学校なんか辞めて
世界を、地球を見るんだ

死ぬのはまだ早い


スポンサーサイト

寒いなぁ

俺の地域は寒い時期が圧倒的に多い
山々に囲まれているおかげで台風の被害なんかは
まったく無いし海も無いので津波も起きない

土砂崩れとか土石流なんてのはあったけど

まぁとにかく寒い時期が圧倒的に多いのだ
山や峠から来る寒??い風で
この辺は凍りつくような寒さになる
今もコタツから出れないもん

今年の冬も乗り切れるかなぁ??

頭が冷えるのはよくない→
世界が認めた医師チームによる髪の最先端治療!


寒いでしょ 温まりなよ?







高校行きたくないのなら

行かなくてもいい
この世にはいくつかの抜け道がある
不登校になった人が登校できるように行く
中間教室なんてのもある

大学行かなくても大学に行ったのと
同じ権利が与えられるものもある(大検 …名前今は違うっけ

高校も同じだ
高卒認定試験がある 
今の時代大卒ですら職に就くのが難しいのだから
高卒はしとかなければならない
その後大卒認定試験受ければいいんだし

そんな訳でこの世には無数の抜け道がある
それを探せば普通の人と違った道でも
ちゃんとした職業に就ける 普通の人との差は無くなる

こんな不登校の俺だけど今は高1
将来は医師になることを夢見ている
親には馬鹿にされるから頭よくなってから言うつもりだ

高卒認定試験 良い抜け道だと思うよ




P.S.
高校行かない間は暇でしょ?読み尽くそうぜ
人気コミックを全巻セット

不登校になる為に 中学2年2月 

実際、不登校になるといっても
その為には学校行きなさい! 
と言う親を黙らせる(変なイミぢゃないよっ
もしくは学校に行きたくないことを理解させる… 等
親無くして休むことは出来ないことは明らかだ

まぁ、逆切れして行かねぇよ位言えば休めたかもしれないが
うちの親は父親が殴るプロ母親が怒るプロ(ボクサーとかってイミぢゃないです
って言うくらい両方怒ったならば怖いんで逆切れは出来なかった

そして、俺自身も変にプライドの高いガキだったんで
『学校行きたくない…』とは言い出せなかった
だから、行動で示すことにした 
今となっては小さい奴だな…なんて思うな

行動はいたって簡単
父親が会社に行った後、午前8時ごろに
トイレに行って体調の悪いフリをして(実際悪い時もあったけど
トイレにひきこもる トイレなら鍵あるし無理に向こうがすることも無い

それで15分くらいひきこもってると『8時15分過ぎてるよ学校どうすんの
って声が聞こえてくる そこですかさず『きょ…今日は休むー…』と
親は内心今日もだろっ って思ってたかも、しれないが…

それを繰り返していると学校へ行くなんて気持ちもどうでもよくなり
ひきこもり状態が始まるようになった

毎朝母親が学校に休む連絡をして、週末にはプリントを先生が持ってきてくれた
そのとき先生が、朝休む連絡をしなくていいから
学校に来るときだけ連絡をくれと言って帰った

不登校というこっち側の人にその時初めてなってしまったのだと感じた…












ブログ拍手…

拍手ありがとうございます!

ブログやって初めてもらえました
嬉しいです

これからもよろしくお願いします





私は不登校です。 中学2年2月

保健室を利用した早退もとうとう嫌気がさし、
学校に行かないことを選択した

いや、正しくは学校に行かない以外に道は無かった
今更早退するのをやめて毎日過ごすなんてやりきれない気持ちになる
なにより、そこにいたくなかった

学校に行かないということは、
偏差値の高い学校を諦めるという事にもなる
学校に行って授業に出ないと内申点が下がる…
それにより、学校に行かないことを最後まで選択しなかったんだと思う

俺の親と兄は同じ高校、しかも自分の県の中でもトップクラスの学校だ
周りの地域を見てもその学校が圧倒的に1番だった
俺もそこに進む気持ちは少しあった
けど、学校に行かなくなるという事は
その学校への進学はほぼ不可能になるという事だった

けれど、学校に行き続けることは無かった
その学校への進学はほぼ諦めた気持ちで学校を休み始める事となった

自分の不登校において不幸中の幸いというのは
現在中学2年2月、つまり受験まで1年以上あることだった



不登校になるまで? 中学2年2月

不登校を決意した俺は、学校に行って
早退して帰ってくることすら嫌になっていた

決意する前は遅刻ぎりぎりで行って気分で早退していた

早退の基準は37.0度を超える熱があった場合

先生に保健室へ行く時の紙を記入してもらい
授業が始まって誰もいなくなったら階段の影なんかで
体温を上げるべくジャンプしたり、走った

体温が下がる前に保健室へ行き、息切れを隠し
体温を測る

2月の寒いときなので体温が上がらない
そんな時は温度を見るフリをして
脇に挟まれている体温計めがけて呼吸と見せかけ
息を吐いて温度上昇を試みる

時には、カイロを脇に挟んで体温を測ることもあった
気付くと40度を超えていて慌てる事も多々あった

…最新の3秒で計れる様な体温計じゃなくて、よかった

そんな事も、学校に行かないという決意と共になくなるのだった…







不登校の実態

不登校をよく知る大人に
不登校には優しい子がなるー そういう言葉を聴いたことがあります

単に不登校の子をいい目線で見てあげているのか
心からそう思っているかは分からない…けど
俺もそんな気がする

中には優しさを違う感情に変えて
暴れる人も居ると思う
けど、やっぱ優しいんぢゃ無いかな??



人気ブログランキングに登録!!

不登校の実態を知らない人や多くの困っている人に
このサイトの事を知ってもらう為登録しました

助けになった、参考になった、もっと多くの人に広めて欲しいなど
思ってくださった方は下記リンクをクリックしてください
よろしくお願いいたします。
↓↓
人気ブログランキングへ

不登校開始 ?中学2年2月?

不登校の始まりは中学2年の終わりだった
こんな時期に行かなくなる人はあまり居ないが
こんな時期に行かなくなった

後日、他のクラスの人が言うには自分(俺)は
突然来なくなった様に感じたらしい
実際、早退しまくっていたため
同じクラスの人は突然ではなかったらしいが…

まぁ、そんなこんなで1度休んだら行く気が起きなくなった
というより、行きたくなくなった
本格的な不登校の始まりだった。。

**PR********************************
全国どこからでも入学できる通信制高校 
勇志国際高等学校へのお問い合わせは、
こちらまで↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1O4WLY+BLCVUA+TNI+5Z6WZ
*******************************PR***




アクセスカウンター
プロフィール

ヒロユイ

Author:ヒロユイ
始めて来た方は下のカテゴリの
『初めての方へ』をクリックすると
分かりやすいと思います

高校についての資料などは
色々な記事に貼ってあるので
気軽に見ていただければ幸いです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。