スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校3年 6月!




こんにちは お久しぶりです
なかなか忙しく、更新する時間もなく (っていつも言ってるか 笑

気が付いたら、高校3年生になっておりました!ヤッター(?)


上は20代の友達から下は2個下までの後輩と仲良くさせてもらっています
今だけで見れば、幸せです

地元の数少ない友達ともなかなか会えず、ごくたまに遊ぶ程度ですが
自分の学校とは別の定時制や、通信制の人の話も色々と聞ける
人脈ができてきたので 思いつくままに話をさせていただきたいと思います。

まず、中学の不登校友達。
と、言っても今仲良くしているわけでもなく
不登校の同期ってやつです 笑

その人は普通校に通うことができたらしい。凄い!
ただ、レベルも高いとは言えないところらしく
中退をしたそうです。

そこから通信に復学したそうですが、
自分のところと違い、4年かかるらしい

結果で言えば、自分が3年間で高校卒業できるのに対して
5年かかってしまうらしい・・

小学校から一緒だっただけにその2年の離れは大きいと思った。。

何が言いたいかって言うと、、特別ないんだけど
定時制、通信制に行くなら
卒業年数や単位について

そして友人ですよね

友達含め人間関係を良いものと捉えるには
中高の高校生活でしか、ありえない!

大学は通ってないからわからないけど
少なからず、友達を見つけていくには
友達 というものにポジティブな気持ちを持ってなければ
いけないと思う

だからこそ高校生活で友人関係を築きあげることこそが
重要であると自分は考えます

けど、今の学校に入ってわかったことは
ある程度自分から友達は作らなければならないということ

現に部活に本腰を入れる
1年の秋までは、一人ぼっちでした

今こそ、仲のいい友達がいて
学校にふつうに顔を出せるようになったけど
それまでは自分のコミュニティが本当に狭かった

他人が他人であって、自分は自分しかいない
社会が心の中にあった

でも今は
自分の心の自分しかいないコミュニティに
次々と友達が入ってきた

けどやっぱ友達を作るのって大変。。
きっかけが必要だと思う

自分はそれが部活だった。バスケだった。

ほかにもゼミなんかでも仲良くなれる人もいると思うけど
高校では、人の集まる何かに所属することが
大事だと思う

人間関係に関する嫌なイメージを払拭しないと
Let'sひきこもりになってしまう気がする

いまだに進路があいまいな自分に言われても
納得しない人もいると思う→誰も知らないか 笑

だから、高校っていうのは
人間が最も愚かで、はしゃいで、人を傷つける時期である中学を超えて
冷静になってきた、人の温かさを感じる時期であるんだと思う

だからこそ、高校ではたくさんの人に出会い、ふれあっていくことが大事だと思う
この短い高校生活で人生の友を見つけることが出来るのだから

ちなみに、高校でも中学生の精神のままの人間は沢山います
むしろ、エスカレートする人も。
愚かな人は必ずいる。


友達とは、愚かな人たちに合わせて笑うことじゃない。
自分が仲良くしたい相手と共に、笑いあうことである。


スポンサーサイト

高校2年になった。

昔なら、工場で働いてるかもしれない
(バイトは、してるけど

中学の短い短い3年間を終え、
気付いてみれば高校生活も半分を迎えようとしている


2年前、一緒につるんでいた友達に、
道で会って話をしてみても遠く、遠くかけ離れた存在に見えてくる


進もうと思う道が違うだけなのに、何故か、何かが、変わってしまったような気がした


それが成長なんだと、大人になる事だと身体で理解してしまった気がする

大人が、子供に戻りたいと思っているなんて、馬鹿らしいと思っていた
でも、そうじゃない気もしてきた

このまま、大人になって仕事をして、結婚して、子供が出来て
この生涯を終えて行く

なんて思ったら、短い、大人になるまでの20年間だけど
それが全てに感じてしまう

大人になってからの数十年間は死への道なんだろうか?
先生は大人になってからのほうが長いよ

なんて、言っていた


高校生になって、大人の、子供に戻りたい気持ちが
なんとなく理解できたのだから、

大人になったら、人生はサイコーで、最幸なものなんだと、理解できる日が来るのだろう
それがいつかは、わからない…
けど、なんとなく理解できる日が来るんだろう

16年間生きてきて、小学校の記憶も中学校の記憶も、高校の記憶も
あっというまで、もうじき年をとって死んでしまうんじゃないかと思うくらい
この人生は短いようだ。


自分の人生。生きたいように、生きろよ
後悔してたら最幸の瞬間がへっちまう

どーせ死ぬなら、恥ずかしくても、辛くても
やれる事を、やっちまおう


夢を見つけた。
先生は他の道との区別をする為に
訳わかんない理論を色々ぶつけてくる。。

夢に向かって走れ

そのためには、死ぬな―。
死ぬまで、生ききれ

夢を追えば、面白い人生へと変わるだろう。
学校なんていう、小さな社会を飛び越えて
遠くを見れば

死にたいなんて思う奴、いなくなると思うけどなぁ。。
誰も死にたいなんて、言ってないか♪笑


生きているなんて、珍しいものなんだから
出来るだけ味わっといたほうが、死んでからも得だと思う


まぁ、つまり、
人生って~ぇぇぇ、不思議な~もの~ですね~♪

って事だ!以上。 

お久しぶりです 通信制高校も意外に忙しかったりして…の巻

お久しぶりです
1ヶ月以上更新しておらず申し訳ありませんでした

続けます、続けますとも

通信ってね暗いイメージもあるかもしれないけど
普通の高校と同じなところが多いよ

大学みたいに日程はバラバラだけど

んで、通信の資料を見つけたので載せます




楽しくて、忙しくて、バイト代少なくて(泣
なんとかやってます

日本の大金持ちさん東北への義援金と一緒に
自分を支援してくれる人は言って下さいね(笑
学費の足しに… は、置いといて

なるべく多く更新するよう頑張るので
これからも気長によろしくお願いします

通信に興味のある方や、親御さん
ぜひ↑↑の資料見てみてくださいね~

医師募集…だそうです

その前に、更新が少し滞ってしまい申し訳ないです

高校でバスケ部の部長として日々頑張っています
バスケ部として文化祭の準備などがあり、更新が遅れてしまいました
バスケも1週間以上やってないし…

まぁ文化祭の事はその内に…

それと、長く更新していないにもかかわらず
色々な人がブログを見てくださり
ランキングも変わりなかったことに凄く感動しています

ありがとう
そして、これからもよろしくお願いします


さて、本題ですが
自分のブログにリンクしました
医師募集というブログ

将来医療系の道を目指す自分として
医師募集は見逃せないですから
ここに紹介します

http://gihudoctor.blog79.fc2.com/

書いてある内容も興味深いです
右下のリンクの1番上の医師募集をクリック
または上のURLをアドレスバーに入力して見て下さい

テスト返却 2009年6月?

テストが帰ってきたのは、テストが終わって2週間ほど過ぎた頃だった
先生が家に来て、テストを置いていった
英国理社…見て行くと、決して悪い数字じゃない
むしろ、70点80点代と上のほうであった
数学は…できてない事は理解していたが…
衝撃の21点だった
殆どが因数分解問題で、全滅していた

おかげで、5教科で300ちょいという結果だった
軽くへこんだけど、まぁいい。

次回は1ヵ月後だ

????????????????????????

話は少し変わるが、不登校の人を
さぼる、ずるい 等と思う人が多すぎると思う
不登校だからって何がいけないのか良く分からない
ずるいんなら、お前もサボればいい
俺は行きたくないから行かないんじゃなくて
行けないから、行ってないだけだ

けどそんなの、見ただけじゃ分からない

サボるってのはわざとであり、いけない事かもしれないが
行ってない人はサボるというより
そこは自分の場所では無いという気持ちのほうが強いと思う
(行くつもりが無い人は

それに、ずるいって言ったって
ちゃんとした高校には入りにくいし、
勉強できる環境も無い
人生において圧倒的に不利になるんだ

普通に行ってる人の1000倍くらいメンドクサイ道を進む事になる

俺たちは朝早くから行ってんのに
学校行ってない奴らはー…みたいなね

学校行ってなくてもフリースクールで鬼婆と学校以上の時間勉強してるわ!
休憩も5分しかないし…
見たいな人は、結構居ます

分かってもらえる日は、不登校の偏見がなくなる日は
来るのでしょうか…?



↑塾の資料請求です
資料だけなのでここからやってみてくれると、嬉しいです
ここは、評判もいいので是非

不登校中学生、学校へ

中学3年 6月

中学3年は毎月 定期テストがあった
5教科 時期の変わり目にはその他の科目も

テストは嫌いじゃなかった
いくら高い点を取ろうとも、低い点を取ろうとも
宝くじの当選番号をチェックするみたいなワクワク感があった
中学最高得点、89点
中学最低得点、21点

89点は昔の英語 21点は6月の今日、数学のテストの出来事だった
自宅で勉強。勉強。

学校の授業はまだ因数分解をやっていて
テスト範囲を聞いてなかった俺は
調子に乗ってか、授業速度を知らず焦っていたかで
平方根まで進んだ。いわゆる√だ

テストは不登校の俺にとって学校に行かなければならない、嫌なものだった
しかも、毎月ある 最悪だぜ。。
行く日が近づくだけでドキドキした、同時に体調も悪くなった気がした。

けれど、教室には行かず
教室に通えない人達の学級があった
年齢も、性別も関係ない。

そこでテストをする事になった
けれど、そこの人達も人は好きじゃない
仕方ないという事で普段、鍵の掛かっている部屋に招待された

畑をするときのビニール
床には土がところどころに
机には埃が…

普通の教室に畑の用具を追いといたような汚い部屋でテストをした
1人ぼっち。静か。埃っぽい。
先生は居ない 家でやるのと同じだろ

チャイム。懐かしい
数学開始
√Come on!♪ √Come on!♪Hey!

そんな気持ち
来るか?
ふっ(
まずは因数分解か
こんなの… えっと 確か …違う んーと。んとねー

わからん、というか忘れた。パス。


つ・ぎ・は?♪
因数分解 ちぇっ 
次。因数分解 あ、別のパターンだ

√どこ?
ペラリ。テストの裏面を見る

因数分解
少数
分数
証明…

√無いやん!!!!!
驚きのあまり関西弁に…はなってなかったと思うけど
同時に因数分解を忘れた分がカバーできないと分かり焦り、顔面蒼白(だったと思う
貧乏揺すり

適当に。チャイム&終了

この日のテストは終わった
理科室が隣にあるのだが歩いて行く音、喋り声
それを聞いて不意に怖くなった
顔を出したくない。足音が収まるまで俺は土臭い教室に篭っていた。

就活&新ブログ紹介

就職の為に金を使う
つまり、金を稼ぐ為に金を使う

皮肉な事だ。
けれど、日本でそれは当たり前
俺だって将来金稼ぎの為に私立高校に通っているとも言えるのだから

就職の時期も目前、この超就職氷河期を乗り越えてもらう為にもここに紹介します




これを使って就職してくれる人が居れば
それで嬉しい限りですなぁ ほっほっほ(ジジイか

ジジイ…そういえば精神科に通っているとき(通わされたとき、かな
マークシートで性格の何とかを定めるみたいなのをやって
精神年齢が50を超えてると出たなぁ
大人っぽいからという事ではなくて心の反応、というかなんというか
落ち着きすぎている、何もかもを冷静に捉えてしまう、みたいな
でも子供だから、ぐっちゃになってしまう、という感じかな

身体は男、心は女 だから気持ちをどうすればいいか分からない…
みたいなのと同じ。はるな愛の仲間、俺

話が変わった。とにかくこれを参考にしてもしなくても
就活中の皆さん、頑張って下さい!

P.S. ?追記?

もうじき新たなブログを作ろうと思っています
社会情勢や国、人類の進んできた道から
政治家、社会の仕組み、医療崩壊、不登校まで

全てに自分の愚痴やこうすれば絶対良くなるという疑問まで
言い尽くします

ここで1つ言いいますが、
このブログを作ろうと思った1番愚痴りたい、他の人の気持ちを聞きたいということがあります。

それは日本人はこの現代社会の仕組みを作り上げました
それが本当に良かったのか?です

世界の戦争が無く、豊かではあるが
パソコンもテレビも無いような国と比べて、日本の進んできた道はこれで正しいのか

例えば上に書いた国をA国としていきます
今の日本は金と学歴が全て

金が無ければ子供は産むに産めない
A国は金が無くとも最悪子供を生める
生んだ後も子供は子供の時から生きる為に金を稼いだりする為
普通にやっていける

日本は保育園に子供を預けたくても定員越え
子供が金を稼ぐ事は10年以上先
生んだ後復職したくても、子供が居て出来ない
仕事が出来ないとなると金が不足し
第2子を産むことも難しい

書こうとした事のほんの1部です
日本とA国どっちが幸せなの?

日本は綺麗な家もあればおしゃれな服もある
けれど、そんな事とは関係なく子供が出来ないから
少子高齢化が進み、税金が集まりにくい仕組みが形成されつつある
仕舞いには年金は払えない
そこで、年金支払いを先延ばしにするなんて言い出す奴が現れる
政治家は立って答弁座って聞いてだけだからいいかもしれないが
70のジジイがいらっしゃいまふぇ? なんてやらなければ生きていけなくなるかもしれない
そんな国が幸せって呼べるのか?
A国だって辞めたいときに仕事を辞めれば子供たちが何とかしてくれるだろう

日本は自分たちと子供の養育で精一杯だから
ジジイの世話まで出来ない
俺は60過ぎたらジジイとして余暇を楽しみたいんだ!
小学校の頃からずっとそう思っていた(だから精神年齢50過ぎとか言われたのか…?

自分たちがしたいように出来ないなんて、おかしい
目の前は幸せだらけに感じるし
外国人も日本は居心地が言いなんて言ってる。けど…。
日々は充実し、幸せで自由に感じられるけど
それは鎖で身体を縛られているの(社会のルールの矛盾や問題)に気付かず、
目の前の手が動く(日常の幸せ 学校、友達、仲間 etc.)事を
幸せに思っているのと同じだと思う
普段は幸せでも 何かが起こったときそれが一気に降りかかるだけ

簡単に他に何を書くのか紹介

1日8時間労働?
8時間労働が当たり前というのを決めたのは昔、世界の国の労働時間を調べ上げ
日本は何時間にしようか考えたところ
各国の最長時間8時間を日本にとっての最短(平均)時間にしやがった

有給とりにくい…
海外の国は有給をほぼ全部使い切るんだそうな
日本はというと有給は特別な理由でもない限り使いづらい雰囲気がありますよね

死因不明?
日本の解剖率は極端に低く数%しかないそうだ
つまり毒で殺されたとしても解剖しないのなら死因不明のまま焼かれる

もちろん、突然倒れて死んだ場合は
警察も来て行政解剖という事になるだろうが
病院内で毒で死んだとして死因に問題ないと医師が言ってしまえば
解剖されず、死因は不明のまま終わる

他に、児童虐待などで病院に運ばれたとして
親は当然階段から落ちたなどと言うだろう(逮捕されちゃうし
検視で異常が無ければそのまま焼かれ、犯罪は見えなくなる
解剖を進めてもこの子をこれ以上傷つけないでといわれたらお仕舞いだ
死因不明、犯罪者は捕まらない
そうならない為に今、画像診断で死因の原因の一端を掴む
という事に奮闘している医師たちがいる

画像で死因の原因となる1部が見つけられれば
解剖までもって行くことも出来る

そんなすばらしいアイデアでも
国の機関が認めなければそれまで
国は1人1人の死因よりも金のほうが大事なのか?

この国は幸せなのか?
裏に暗い闇が見える気がする

…そんな事を愚痴るブログをそのうち作りたいと思っています

P.S. 長すぎた ごめんなさい
ちなみにジジイは嫌味で言ってるのでなく
おじいさんと言うよりジジイのほうが元気がよさそうだからです
(意味分からない人は気にしなくていいです よく人に例えがヘタクソといわれるので…
疲れた。学費稼がなきゃなのに良くこんな事長々とやっちまってるな…。何時間も書いてた。

不登校、家を買…わない 2009年6月?

いいタイトルが思いつかず
家を買ってやろうかというタイトルになった
結局あれ家を買ったのかなぁ?どうなの?二宮君…

それはいいとして
週2で外出するようになった自分のその後?

起きてる時間は寝てる時間と同じくらいだったと思う
お昼近くまで寝てPCやってTV見てご飯食って、寝て。。

それの繰り返し
早く起きなきゃと心で思っていても
起きる必要性が無いだけ心が油断する…

何でもいいから起きなきゃいけない理由がないと
起きれない様になってる気がする
もちろん、人によるけど…

それとも、朝が来るのが嫌なのか
また、同じ1日が始まる…っていう

それで次の日もまた遅く起きて、勉強して、PCして…

いつか変わらなきゃいけない そう思っていた
その日が1日1日と近づいてきた 第2兵器の襲来だ…




自分の家は写真を撮らない家だったから
あるのが小学校の写真くらいしかなくて

写真は思い出の付箋…らしいので
撮っといたらよかったなぁと、そんな気もします
旅行とか行っても一切写真撮らなかったし…



こういう写真集も作ってみたいな

これから写真撮る時期も多いので紹介しました!

世界に1つだけの写真集だって




いいなぁ?!

タイガーマスク運動

全国で子供の為にとランドセル、文房具から、お金まで。

この不況にも関わらず、皆が応援してここまでの結果が生まれたんだと思います

それは当然一時期のものであるだろうけれど
お金や文房具は来年、再来年へと引き継がれる

いい事であるのは確かだけれど
それが児童養護施設だけでなく、もっと多くの困った人にもいけばいいと思う

タイガーマスク運動にあやかって送る人は児童養護施設だけだよね
児童養護施設だけならブームですぐ過ぎ去ってしまう

不登校の人のための寄付とか
障害者の為の寄付とか
一箇所だけでなく他の施設なんかにも
そういうのが来ればいいと思います

始めまして 不登校中学生管理人です

挨拶はブログを始めた時にしたのですが、
プロフィール更新に辺り、このブログの概要を説明して行こうと思った訳です

このブログは基本
学校以外の道があり、そっちからでも普通の人にはなれるんだ
という事を話しています

学校に行くのはもう無理そうでこれからどうすべきか、
親としては復学させたいが、子供が無理そうだから別の道を考えたい
等と思っている方に対しては参考になると思います

復学させたいという人は
子供が行く意欲があれば精一杯支えてあげてください
けれど、行く気が無いのに応援しても
空回りして、疲れちゃいますよね
そういう人も応援の方向を変える…と言いますか、
行かないと言う事を受け止めたところで、応援する

学校に行かない事は了承しました。でも…!
高校はどうするのか?
普通高?定時?通信制?
ひきこもらせない為にも
親として、子供を支えていきましょう

ちなみに、高校の資料や
高校に行かずに大学の検定を受ける為の資料などが
記事に所々張ってあるので見てくださいね
学校はパンフレットも大事ですが
資料請求というのは選んで、特別に送ってもらうものなので
高校の情報などもより深く乗っていると思います
高校の仕組みや先生に対しての不安などがあれば見てみるべきです
資料ですから、無料ですし

参考にどうぞ↓







自宅学習なら↓




…親御さんに対してしか話してなかった
じゃぁ次。不登校の君。あなた。

行けない理由は言いたくない、言えないかもしれない
けれど、学校に復学するか、しないか。

するなら勇気が必要になるかもしれない
親や家族の支えも必要になる

復学以外の道を選んだら?
これからどうする?
復学したほうが将来的には楽かも…
高校は?大学は?
もう駄目なのかな…

そんな不安だらけだよね
じぶんもまさか不登校になるなんて
不登校になるまで考えても見なかった
と、いうより不登校の事なんて気にしてなかった。
まさに他人事。。

でも大丈夫
不登校にも経験者がいて
皆と同じ境遇の人がいる
1人じゃない
離れていて、見えないところにいるだけだ

だから参考にしつつ
質問や相談。気軽にしてください

学校に行きたくない子供の味方なので
(自分がそうだった…から?

続きを読む

アクセスカウンター
プロフィール

ヒロユイ

Author:ヒロユイ
始めて来た方は下のカテゴリの
『初めての方へ』をクリックすると
分かりやすいと思います

高校についての資料などは
色々な記事に貼ってあるので
気軽に見ていただければ幸いです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。